graph1_580.jpg

Ericsson Spectrum Sharing

September 26, 2018

5G/NRは、新しい周波数帯と従来の周波数帯の両方に導入されます。そのため、通信事業者が周波数帯やテクノロジーを含むネットワーク資産の進化を計画し、かつエンドユーザーにとって最適な性能を実現しながらシームレスに5G/NRを導入できるようにする機能が必要となります。

Ericsson Radio System製品で利用可能なEricsson Spectrum Sharingソフトウェアは、独自のインテリジェントなスケジューラー・アルゴリズムを基盤としています。Ericsson Spectrum Sharingによって、既存の4G/LTE周波数帯に5G/NRを柔軟かつ賢く速やかに追加・導入する可能性が広がります。たとえば、広域カバレッジの低/中帯域やカバレッジ外への5G/NRの導入が考えられます。

Ericsson Spectrum Sharingソフトウェアは、トラフィック需要に応じて、4G/LTEキャリアと5G/NRキャリア間でスペクトラムを動的に共有します。4Gと5Gの切り替えはミリ秒単位で実行されるため、周波数の無駄使いが最小限に抑えられ、最高のエンドユーザー性能が実現されます。

主なメリット

  • 迅速かつシームレスな5Gの導入
  • 需要の変化に合わせて5G/NRトラフィックを柔軟に追加
  • 導入初日から全国を5Gでカバー
  • 周波数帯資産を最大限に活用

 

 

 

著者

マーケティング&コミュニケーション本部

マーケティング&コミュニケーション部

エリクソン・ジャパンにおける情報発信を担当。社外や社内のステークホルダーに対してエリクソンのメッセージを伝え、事業活動に対して理解を高めていくことで、日本にエリクソンファンを増やしていくことをミッションとしています。

ホームページやソーシャルメディアなどのオンラインコミュニケーションも運営。